果物が腐るのを遅らせる!貼るだけで新鮮さを保てるシールに注目

1097
25枚セットで15ドル(約1700円)詳細ページ

果物が好きな人は注目せずにはいられないでしょう。米国発、フルーツの新鮮さを最大2週間長くキープできるシール『StixFresh』の先行販売プロジェクトが3月、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で公開されました。

果物の中の硬さ、甘さ、水分の多さも変わらない。

『StixFresh』はリンゴやオレンジなどの果物の表面に貼り、食べる前に剥がします。シールを貼るベストタイミングはフルーツが熟していない青い時で、遅くとも熟し始めの段階には貼っておく必要があります。シールは熟するのを止めることはできませんが、シールに含まれる自然成分が細菌の成長を抑制し、腐ったり熟し過ぎたりするのを遅らせてくれます。

『StixFresh』を貼れる果物はアボカド、リンゴ、オレンジ、マンゴー、キウイフルーツ、レモン、西洋ナシ、パパイヤ、ドラゴンフルーツなど。フルーツに自然成分だけで作られているシールをあらかじめ貼っておけば、冷蔵庫に保存していることを数日忘れても全く問題ありません。一定の期間であれば、見た目の色だけでなく、中の硬さ、甘さ、水分の多さも変わらないままです。

野菜を長持ちさせるシールも計画されている。

『StixFresh』先行販売プロジェクトは4月中旬の時点で目標額の約3倍に当たる1万4400ドル(約161万円)を調達しています。将来的にはリンゴやオレンジを長持ちさせる技術をあらゆる果物、そして野菜に応用する計画もあるとのこと。貼るか貼らないかで大きな違いを生み出すシールの今後の展開から目が離せません。

参照元:INDIEGOGO

この記事をシェア
0 0
記事のタグ