間違った人形の使い方

1054
未定 詳細なし

世界各地で利用されている一風かわった大人のドール達の使い方をご紹介・・・

1.「Use It As A Raft」

オーストラリアで人形で渓流下りをした男女が救出されたのだとか。この出来事により世間は「人形はいかだの代わりにならない」と知ったそうだが、こんな出来事がなくても気づこうか。

 

2.「As Material For Clothing」

オランダのアーティストによる作品。うん…本人がそれでいいなら別にいいけど…。

 

3.「As A Skydiving Partner」

もしも間違って離ればなれになって、人形の方だけ空から落ちてきたらもう大事件だね。

 

4.「To Access The Carpool Lane」

アメリカに2人以上乗っている車でないと通行してはいけないCarpool Laneがあるが、これはとある人物がそのレーンを通行するために人形を助手席のパートナーに見せかけたもの。当然彼が連行されて罰金を支払ったのは言うまでもない。

 

5.「Create the World’s Largest Collection」

イギリスのBobさん、Lizzieさんは240もの人形を所有しているのだとか。しかし彼らがそんなに人形を集めるのは、家族を増やしていくのと同じ感覚だそうである。家族同然ということはきっと名前があるに違いないが、彼らが全員の名前を覚えているのか気になるところ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ