腰痛を和らげる5つのストレッチ法

6868
未定 詳細なし

デスクワークが多い現代人にとって腰痛は避けられない健康ハザードの一つ。腰痛が続くと体を動かせなくなったり、体重が増加したり、睡眠不足、果てにはうつまで発症することもあり、軽い腰痛といえども軽視するべからず。健やかな生活を脅かす深刻な症状でもあるんです。

ここにあげる5つのストレッチ法は軽い腰痛を和らげるのに効果的です。週に数回、朝もしくは睡眠前の数分をストレッチの時間にしてみませんか?これらのストレッチ法は腰痛を和らげるだけではなく、首と肩をリラックスさせる効果もあります。

1. 首のストレッチ

あぐらをかいた状態で床に座り、左手を頭の右側に置き、首の右側に伸びを感じるまで頭を左肩に向けてやさしくひきます(肩はリラックスしたまま)。その状態のまま3回深呼吸します。右側も同じ動作を繰り返します。

Stretches_Back_Pain1

2. 腰からお尻にかけてのストレッチ

仰向けに寝て、足を上げ、右足首部分を左の膝部分に交差させます。膝近くの左もも後ろをつかんだ状態で、右側の腰からお尻にかけて伸びを感じるまで足を胸までやさしくひきます。その状態のまま3回深呼吸します。足をかえて同じ動作を繰り返します。

Stretches_Back_Pain2

3. 座位ねじりのポーズ

膝を曲げた状態で座り、左足を交差させて右足にのせます(または足を交差させて座ります)。右腕を伸ばし、左膝の外側に置きます。自分の後ろの床に左手をついて、頭と肩を上半身と一緒に動かすようにしながら左にむけて体をねじります。

脊柱にそって伸びが感じられると思います。その状態のまま3回深呼吸します。中心に体を戻し、足を組み替えて、右側に向けてのねじりを繰り返します。

Stretches_Back_Pain3

4. 子供のポーズ

正座の状態から上半身を前に向かって折り曲げ、腕を前方に伸ばして肩から腰の下部までの伸びを感じましょう。数回深呼吸をして、背中の張りを取り除きます。

ここで上半身が2時の方向に向くように腕を右に移動させます。上半身の左側が伸びるのが感じられると思います。その状態のまま3回深呼吸します。中心に体を戻し、左側に向けて同じ動作を繰り返します。

Stretches_Back_Pain4

5. 背中のリラックス法

仰向けになり、膝を胸に向かって折り曲げます。両腿の後ろ側を支え、膝をさらに胸に近づけるようやさしくひきます。腰の下部に伸びを感じられると思います。その状態のまま3回深呼吸します。

Stretches_Back_Pain5

どれも自宅でできる簡単なストレッチばかりです。少し時間があればできるストレッチなので忙しい人でも続けられそうです。仕事で発症した腰痛は原因は分かっているもののその原因を排除することは不可能。

少しでも楽に仕事に励めるように痛みを和らげるストレッチ法、頑張ってみる価値はありそうです。

参照元:Prevention

この記事をシェア
0 0
記事のタグ