スバル XV 新型、日本導入は今春に3月から予約開始!

1613
dsc_5369
未定 詳細なし

富士重工業は17日、12月に発売したインプレッサに次ぐ「スバル・グローバル・プラットフォーム」採用する車種の第2弾となる、新型スバルXVの国内導入を今春に予定していること明らかにした

現行XV2011年に発表され、「インプレッサをベースにしたクロスオーバーSUVのテイスト走行性能を持ち合わせ都会的なイメージが人気を集めたが、国内での人気は今一つ。特に簡易型のハイブリッド車は販売が振るわなかった。新型ではどのようなラインナップになるのか楽しみだ。

XVコンセプト」はすでに公開済み

新型は「XVコンセプト」として2016年のジュネーブモーターショーで登場を予告されており、ベースとなる「インプレッサ」のフルモデルチェンジにより登場を待ちかねていた。

新型の仕様など詳細は明かされていないが、「スバル・グローバル・プラットフォーム」採用第1の「インプレッサ」が進化した走りや質感高く評価されており、当然XVにも期待が持て

また、エクステリアでは大人し過ぎるという「インプレッサ」からかなりアグレシップとなっており、イメージカラーの淡いブルーが良く似合っている。

予約開始は3月9日から

しかし、「XV」の属するコンパクトSUVクラスには、登場以来大人気の「トヨタCHR」や「ホンダヴェゼル」「マツダCX-3」など強敵が揃っており、これらがまだ新しい車種であることから、この世代で最後に登場すりことになる「XV」に注目があつまる。

コンセプト同様3月に開催されるジュネーブモーターショーでのワールドプレミアが予想されその後日本での発売となる見込みで、予約注文は39日からとなっており、スバルオフィシャルサイトにも特設サイトが立ち上がっている。

 

提供元: subaru.jp autoexpress

この記事をシェア
0 0
記事のタグ