これをポンコツと見るか、オシャレなカフェレーサーと見るかで、あなたのセンスがわかります。

2480
未定 詳細なし

ポルトガル生まれの建築家ヌーノが立ち上げたカスタムバイクガレージ「ケープロスガレージ (Capêlo’s Garage)」の最初の作品「スズキGSX400 Dented Brat」。興味がこうじて、インターネットで見つけた「スズキGSX400」の写真を見たのが最初の出会い。それをカフェレーサーに変えるために出来たのが「ケープロスガレージ」だ。

独創的なアイデアは、無残にへこんでいた燃料タンクを修復したり交換するのではなく、そのへこみをデザイン的の曲線ととらえて、そのまま塗装をはがした状態で利用している。ポルトガル人のデザイナーもわかる。「スズキGSX400」も理解できる。しかし、デザイナーという人種のことがわからないと言うか、私がデザインもカフェレーサーもわからないのか、どうしてもただのポンコツみしか見えないのだけれども・・・。「すばらしい!」と思う人達が少なからずいるわけですね。

ネーミングのスズキGSX400 Dented Bratについては、「Dented」はドイツ語で”へこんでいる”「Brat」は英語の”ガキ”?つまり”へこんでるガキ”・・・そのまんまという感じで、非常にわかりやすい。

最後に、ヌーノ自身の言葉を残しておきます。「このバイクは軽くて操作性もいい。けっしてより速いスピードで走る目的のバイクではありません。私が目指したのは、ライディングを楽しむ目的のバイクを作ることなのです。」・・・で、これなのか?。やっぱり良くわからない。スズキGSX400 Dented Brat深いぞ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ