フェアレディZのエンジンを搭載したポーランドのスーパーカー?

3741

「Syrena」と聞いてピンと来たあなたは相当なカーマニアだ。SyrenaはポーランドのFSO社が1950年代に発売していた自動車ブランドなのである。「Syrena Sport ( シレーナ・スポーツ)」は当ブランド初のスポーツカーとして、1950年代にコンセプトカーの製造が開始された。コンセプトカーは完成したものの、複雑な社会情勢に飲みこまれ、日の目を見る事はなかった。

しかし、歴史の渦に飲まれてしまったこの車の忘れていない男が居た。ポーランドの実業家Rafal Czubaj氏である。恐らく彼は、Syrena Sportの魅力が忘れられなかったのであろう。まるで初恋の女性を追い求めるかのように、追い求めたのだ。そして2013年、復活させることを発表した。

エンジンは日産フェアレディZに搭載されている370ZのV6エンジン。ポーランド人の夢が詰まった車に日本のエンジンが採用されたと言う事は、日本人としては誇らしい。Syrena Sportは現在製造中で、レンダリングによる映像のみが公開されている。今後の動きに注目だ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ