ロシアの最新ステルス戦闘機

6152
未定 詳細なし

戦争は二度と起こしてはならないものだが、平和を保つためにと言う名目で軍事兵器が開発されているのもまた現実である。中でも戦闘機は軍事力の中でも中核を担う兵器である。戦時中の日本が、連戦連勝を遂げた背景にはゼロ戦の存在があった。

現在開発されている戦闘機は第5世代戦闘機と言われている。概念は「敵よりも先に早く発見し、先に撃退する」と言うもの。つまり火器管制装置とステレス性を満たしている戦闘機と言うことになる。ステルス性とは、不満などから来るストレスのことではなくレーダーから特定され難くする技術のことだ。

ロシアが現在開発中の戦闘機が「スホーイ T-50 パクファ(Sukhoi PAK FA)」だ。高度なステルス性とアフターバーナーを使用しないスーパークルーズを実現する戦闘機だといわれている。機体には空対地ミサイル、空対艦ミサイルを複数搭載、レーダーには1,500個の素子で構成され、首振り可能な構造になっていると言う。これにより空中32目標を同時に捕らえ、8目標を同時に交戦できるとの事だ。

軍事機密のため、詳細はロシア空軍関係者などの話から伝わったもの。まだまだ我々が知らない機能が隠されている可能性もある。先日大領領に返り咲いたプーチンは2016年にスホーイ T-50 パクファ(Sukhoi PAK FA)を配備することを既に決定している。
ロシアと海を挟んで隣接する日本としては何らかの対策を迫られることだろう。スホーイ T-50 パクファ(Sukhoi PAK FA))を上回るレーダーや戦闘機を開発する必要がある。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ