Tシャツに「I LOVE YOU」とあるが、よく見ると…

623
love-shirt

あなたが既婚男性なら、他人に次の一言を言えるだろうか。妻を愛している、と。「もちろん言える。妻を愛しているのだ、とアピールして回りたいくらいだ」と言い切れる愛妻家であれば、奥さんに「アイ・ラブ・マイ・ワイフ」と英語で書かれたTシャツを渡されても、躊躇せずに着られるはずだ。

ただ、「確かに妻を愛しているが、その言葉を妻に言うのは恥ずかしいし、他人にはとても言えない」と考える既婚者の方が多いだろう。彼らは自分の意思では「アイ・ラブ・マイ・ワイフ」と書かれたTシャツを身に付けようとはしないはずだ。では、Tシャツに次のように書いてあったらどうだろう。『アイ・ラブ・イット・ホウェン・マイ・パートナー・レット・ミー・ゴー・サイクリング(I LOVE IT WHEN MY WIFE LET ME GO CYCLYING)』と。

愛している?いいえ、出かける許可をもらっただけ。

『アイ・ラブ・イット・ホウェン・マイ・ワイフ・レット・ミー・ゴー・サイクリング』を日本語に訳すと、「妻はサイクリングに行ってもいいよと言ってくれる。最高だ」といったところだろうか。カナダのUnicornTeesが販売するTシャツは夫婦仲が悪くはないことを絶妙に表現してくれる。「アイ・ラブ・マイ・ワイフ」にしか目がいかない人にはすました顔でいればいい。分かる人には真意が伝わるのだから。

もし『アイ・ラブ・イット・ホウェン・マイ・パートナー・レット・ミー・ゴー・サイクリング』Tシャツが店に置いてあれば、私(未婚)はきっと買ってしまうだろう。似たニュアンスのメッセージが書かれたモノを身近で手に入れられたら…密かに期待している。

参照元:Esty

この記事をシェア
0 0
記事のタグ