パンダが私生活を守る!面白味のあるMacBookカメラカバー

832
16ポンド(約2200円)詳細ページ

PC内蔵のWebカメラをなんとなく不気味に感じる人はこのまま読み進めてください。英国発、MacBookのカメラを覆い隠す高品質のカバー「takecvr」の商品化を目指すプロジェクトが今夏、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で公開されました。

カメラの上に処理が面倒なテープを貼らずに済む

「takecvr」の使い方は至ってシンプル。切れ込みが入ったカメラカバーをMacBookの天板に挟むように取り付け、カメラを覆い隠すだけです。下着一枚で過ごしている姿、恋人とイチャついている様子などがカメラを通じて覗き見されることを防げます。サイバー犯罪者はWebカメラを遠隔操作で作動させることが可能です。

スリムなMacBook専用のカメラカバーはパンダ、パイナップル、ディスコボールの3種類が用意されています。私生活を覗き見されない安心感を与えるだけでなく、ユーザーの目を楽しませてくれます。テープや付箋もカメラを隠すことは出来るものの、カメラを作動する際、いちいち剥がして捨てるのは面倒で、見た目も良くありません。

自立するように作られており、デスク周りに飾れる

ところでAppleサポートはカメラカバーについて、MacBookを閉じる時に付けっぱなしだとディスプレイが傷つく恐れがあると警告しています。「takecvr」を取り外したら、デスクの上に置くと良いでしょう。自立するように設計されているので、殺風景なデスク周りに面白味のあるインテリア小物をプラスできます。

パンダ、パイナップル、ディスコボール型のカメラカバー商品化プロジェクトは2万ポンド(約280万円)を調達しないと成立しません。商品の完成と発送がスケジュール通りに進めば、MacBook以外のノートPCにフィットするカメラカバーの商品化もあるとのこと。Macノートブックを使っていない、サイバー犯罪者による覗き見が気になる人には今後の展開が気になるところでしょう。

参照元:KICKSTARTER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ