「テスラ・モデルS 70D」を発表。937万円で航続距離442kmと自動運転に対応

1946
937万円詳細ページ

4月8日、シリコンバレー発のEVメーカーであるテスラモータースの高級EVセダン「モデルS」に、新ラインアップとして、全輪駆動車の「モデルS 70D」が新たに加わることを発表しました。

バッテリーがスペックダウンしても、航続距離は442㎞

モデルS 70Dは、モーターを2つ搭載する新システム「デュアルモーターAWD テクノロジー」を採用。5.4秒で100km/hまで加速し、最高速は225 km/hに達する走破性能と、442kmの航続距離を実現するとしています。

「S80」より小振りな70kWhのバッテリーを搭載。デュアルモーターに加え、スーパーチャージング(急速充電システム)、ナビゲーションが標準装備され、自動運転にも対応するハードウェアも標準搭載。

トリッププランナーとレンジ・アシュア ランス、車線逸脱警報、パーキングセンサー、自動緊急ブレーキなど安全、快適装備も充実させています。

gigamen_Tesla_Model_S_70D01

本気の価格設定937万円

ボディカラーはオーシャンブルー、オブシディアン ブラック、ウォームシルバーの3色。「70D」はエントリーグレードに位置づけられるため日本での価格は937万円。

現在85kWhバッテリー搭載の「85」が1,000万円、全輪駆動の「85D」が1289万5000円というラインアップに、新たに購入しやすいモデルが加わることになります。

723万円の燃料電池車「トヨタ ミライ」か、937万円の電気自動車のモデルS 70Dか、悩むところですね。

詳細はテスラモーターズジャパンをご覧ください。

参照元:Car Magazine

この記事をシェア
0 0
記事のタグ