東南アジアを欲張ろう!タイLCCが中部ベトナム路線を増便

1210

タイの首都とベトナム中部の観光・リゾート都市との行き来がより便利になりました。格安航空会社(LCC)のタイ・ベトジェットは4月9日からバンコク(スワンナプーム)=ダラット線を週2往復、12日からバンコク=ダナン線を1日1往復増便しました。

バンコク=ダラット線はデイリー運航に。

タイ・ベトジェットは4月中旬現在、バンコク=ダラット線を1日1往復、バンコク=ダナン線を1日3往復で運航しています。LCCがタイ=ベトナム間のフライトを増やすことは、なるべくお金をかけずに複数の観光・リゾート都市を訪れたい日本人旅行者にとって有難いことです。

ダラットは標高1500mの高地にあるリゾートタウンで、年中程よく暖かい気候に恵まれています。町の中心にはスアンフーン湖、そのすぐ北側にはフラワーガーデンが広がっています。ダラットを訪れたら、ダタンラ滝にも足を運びましょう。水が複雑に流れ落ちる光景は息を呑むほど美しいです。山歩きが好きな人なら数日の滞在の中でランビアン山を目指して歩く日を設けるのもアリ。

数々のビーチと特徴的な橋があるダナン。

ダナンと言えば数々の美しいビーチ。とりわけ市中心部の近くにあるミーケービーチは人気が高いです。市内の観光名所の一つがチャム彫刻博物館。ベトナムの一民族であるチャム族の祖先が制作した彫刻作品が展示されています。市内を移動中、ドラゴンブリッジなどの特徴的な橋をたびたび見かけることになるでしょう。橋マニアにはたまらない街です。

ベトジェットグループは4月中旬現在、タイのバンコクとベトナムのホーチミンシティ、ハノイ、ハイフォン、ダラット、ダナンを結ぶ便、タイのチェンマイとプーケットからベトナムのホーチミンシティを結ぶ便を運航しています。バンコクからベトナム中部の観光・リゾート都市までのフライト時間は片道2時間弱。旅費を節約できるLCCでタイの都市もベトナムの都市にも行ってみませんか。

参照元:VIetjetAir

この記事をシェア
0 0
記事のタグ