丈夫で軽い!世界に一つだけのコルク製バックパックをチェック

436
175ドル(約1万9500円)~詳細ページ

実用性に優れ、その上、地球にとびきりやさしいです。スウェーデン発、自然素材のコルクを中心に作ったバックパック『Jajamän Cork Backpack』の先行販売プロジェクトが3月、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で立ち上がりました。

開閉は簡単。水をはじく。肩に負担をかけない。

『Jajamän Cork Backpack』はネイチャー、ミッドナイト、ブラックの3色から選べます。筆者のオススメはコルクで作られていることが一目瞭然のネイチャー。全く同じ柄のコルクは存在しないので、同じ色でも他の人とかぶることはありません。

柄と同じくらいユニークなのが入れ口に通じるフラップ(垂れ蓋)。フラップとバックパックの両方に磁石が埋め込まれているので、簡単に開閉できます。

バックパックは頑丈であるに越したことはないでしょう。コルクは丈夫な素材であるだけでなく、水や汚れをはじく性質も持っています。更にフラップの先の入れ口にはファスナーが付いており、中の荷物が雨で濡れるのを防ぎます。

頑丈でありながら、コルクで作られたバックパックはバナナ3本分未満の軽さしかありません。この事実は、何かを背負う時の肩や背中への負担を気にする人なら無視できないはずです。

いつか処分する時のことも考えて作られている。

コルク。過去に別製品で使われていたプラスチック製のファスナー。再生された金属製バックル。『Jajamän Cork Backpack』ほど地球にやさしいバックパックはおそらく存在しないでしょう。

コルクはコルクの木の樹皮を丁寧に剥がして得られる素材で、動物を痛めつけて得た素材ではありません。しかもコルクを剥がした数年後には新しい層が出来上がっています。もしバックパックを処分することになっても地球環境を汚染することはありません。

先行販売プロジェクトは立ち上げから3週間で目標額の1万ドル(約111万円)を調達しました。都会にも自然にも溶け込み、実用性が高く、それに加えて地球にやさしいバックパックから今後も目が離せません。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ