ハンズフリーでシャンプーを取り出そう

1182

The Hands Free Shower Dispenser」はシャンプー、コンディショナー、ボディソープなどを入れておけるディスペンサー(ボトル)だ。最大のウリはいちいちプッシュしなくても、中身がハンズフリーで取り出せる点。壁取り付け型のアイテムに手を差し出すと、赤外線センサーが反応してシャンプーなどが出てくる仕組みだ。

お手洗いで手をかざすと水が出てくる仕組みに似たボトル。その赤外線センサーは適切な量を出してくれるだけでなく、手動で量を調節することも可能だ。ディスプレイはバッテリーの残量、中身の残り具合まで表示してくれる。

用途は風呂場に留まらない。ローションや洗剤を入れることで、それぞれ洗面台やキッチンで使うこともできる。さらに店、学校、病院に置いてもいいだろう。インフルエンザのシーズンが到来すれば、中に消毒液などを入れておける。

シャンプーから消毒液に至るまで。21世紀を生きる我々が当たり前のように使っている物をさらに便利にしてくれるShower Dispenser価格は49.95ドル(およそ4,000円)こちらから入手できる(発送は9月頃の予定)。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ