ロンドンの高級ホテルは葉巻愛好家の強力な味方に

1380

「度重なる税金の値上げ」と「世界中に広まっている健康志向の風潮」によって、肩身の狭い思いをしている喫煙者は少なくないはずだ。しかしながら高級ホテルは煙草(特に葉巻)愛好家を決して見捨てはしない。

英国・ロンドンの『メイフェアホテル』では新しい喫煙スペースをオープンしたばかりだ。豪華な空間には40種類の葉巻が用意されているとのこと。

ネガティブなイメージを払拭するような喫煙スペースは建物の1階に位置する。デザインを担当したのはグラハム・コックス。ムーディーなオトナの雰囲気は写真からでも充分伝わってくる。センスを感じるチェアやソファも居心地のいい空間づくりに一役買っている。葉巻を楽しむのはもちろんだが、心からリラックスできる場所になっているようだ。ウイスキー、テキーラ、ラムといったアルコールも注文可能だ。

メイフェアホテル』の喫煙スペースにいれば、楽しみを注意される、あるいは邪魔されることはありえない。それどころか“葉巻ソムリエ”まで待機しているというから、愛好家にとっては夢のような空間だろう。既に紹介したように数多くの葉巻が置いてあり、“案内人”が新しい世界へ誘ってくれるかもしれない。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ