簡素であり大胆でもある置き時計『ジ・オンリー・クロック』

1739
229ドル(約2万5000円)詳細ページ

こんな据え置き型の時計を目にしたことはありますか。中欧チェコのデザインスタジオ、キバルディンデザイン(Kibardindesign)が輪の形をしたLEDデジタル置き時計『ジ・オンリー・クロック(The Only Clock)』を設計・製作・販売しています。

余分なものを無くすことにこだわった置き時計。

『ジ・オンリー・クロック』は1から12までのアラビア数字の輝き、60等分されたブロックの輝きで何時何分かを教えてくれます。アナログ時計から針とモノクロ以外の色を排除した「簡素さ」と丸時計を大きくくり抜いた「大胆さ」を兼ね備えたデザインは、机の上に置いても壁に掛けても、独特の存在感を放つことでしょう。

人気のあるデジタル置き時計・掛け時計は、日付・曜日・温度などを表示し、便利な機能もいくつか付いています。一方、『ジ・オンリー・クロック』はアラーム機能を備えるだけ。デザインも機能も極力無駄を省いた印象があります。余分なものを無くすことにこだわり抜いたからこそ、芸術作品のような据え置き型の時計が生まれたのでしょう。

キバルディンデザインを紹介するのは2度目。

GIGAMENは12年5月にもキバルディンデザインのデジタル置き時計を取り上げたことがあります(http://www.gigamen.com/white-and-white.html)。簡素さを追求するデザインスタジオに興味がある人は、「コレクション」のページを覗いてみてください(https://www.kibardindesign.com/products/collection/)。「おっ、いいな」と思える時計を見つけられるかもしれません。

参照元:kibardindesign

この記事をシェア
0 0
記事のタグ