貴重品を濡れから守るケースに期待集まる 川への落下リスク軽減機能も

2546
55ドル(約7500円)~詳細ページ

米国発、アウトドアに持ち出した貴重品が水に濡れるのを防げる小物収納ケース「Toadfish Stowaway Drybox」の先行販売プロジェクトが2月、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で成立しました。

防水等級は上から二番目

「Toadfish Stowaway Drybox」は海・山・川に出かける際、濡れたり汚れたりしたら困る物(鍵、スマホ、サングラス、紙幣など)をまとめて持ち運ぶのに便利です。防水等級は上から二番目、一時的な水没に耐えられる「IPX7」となので、“やらかしても”絶望しなくて済みます。

不安定な水上でうっかり貴重品の収納ケースごと失くすリスクを減らすため、「Toadfish Stowaway Drybox」の底面にはスマートグリップが付属しています。スマートグリップ=吸盤で、ウォータースポーツのボードや釣り用タックルボックスの上に載せても落下しにくくなります。

救急箱・弁当箱にもなる

海水浴、釣り、キャンプ、トレッキングなどにあると便利な「Toadfish Stowaway Drybox」ですが、実は貴重品の収納ケース以外の用途もあります。ばんそうこうや常備薬などを入れて簡易救急箱として使ってもよし、大食漢向けのランチボックスとして使ってもよし。

スマホトレー兼カードホルダー付きで整頓が容易な「Toadfish Stowaway Drybox」の先行販売プロジェクトは最終的に605人から5.6万ドル(約760万円)も集めました。過去に釣り具とランタンの先行販売プロジェクトを成功させていることも支援が集まった要因かもしれません。

<参考元>Kickstarter

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ