「MIRAI」発売。燃料電池?水素?そんな人にTOYOTAがわかりやすく解説しています。

2594
¥7,236,000詳細ページ

TOYOTAは、セダンタイプの新型燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を開発し、トヨタ店ならびにトヨペット店を通じて、12月15日より発売しました。トヨタのWEBサイトでは、MIRAIの仕組みをわかりやすく説明しているので紹介します。

ついに市販されました

「MIRAI」は、有力なエネルギーである水素を空気中の酸素と化学反応させて自らが発電して走り、優れた環境性能はもとより、利便性や走る楽しさもあわせ持つ、モビリティの新しい幕開けを告げるクルマです。

トヨタは世界に先駆けて市販化、2015年末までに約400台を発売する目標を掲げているが、すでに1000台ほどの予約が入っており、納車次期は未定だ。受注の多くを官公庁が占めるが、400台あまりを個人客だという。

gigamen_TOYOTA_MIRAI01

お買い得でも燃料が入れられなくてはね

価格は7,236,000円で、CEV補助金や優遇税制などがあり、補助金だけでも202万円なので実質負担は5,216,000円となります。この価格は同じトヨタの「クラウンハイブリッドロイヤルサルーンG」より安い価格で、意外と身近な価格なのです。

しかし、水素を重点するステーションは現在2カ所だけ。計画でも全国で40カ所程度なので電気自動車より使いづらそうです。

gigamen_TOYOTA_MIRAI02

動画を見る 

参照元:TOYOTA MIRAI

この記事をシェア
0 0
記事のタグ