トヨタ2015年型「TS040 HYBRID」を公開!WEC連覇とル・マン制覇を狙う!

2181
未定 詳細なし

トヨタ・レーシングは3月26日、世界耐久選手権(WEC)に参戦するMP1マシン、2015年型「TS040 HYBRID」を公開しました。これにより、すでに発表されている「アウディ」「ポルシェ」と合わせ、全ての主要チーム/メーカーの2015年型MP-1マシンが出揃ったことになります。

1000馬力オーバーの出力

2015年型 TS040 HYBRIDは、基本的には大成功を納めた昨年のTS040 HYBRIDの進化型。空力の改良を始め、サスペンション設計などを見直している。ハイブリッドシステムの「THS-R」は、520馬力のV型8気筒3.7Lエンジンとのトータル出力1000PS以上を発生する。

また、2015年型TS040 HYBRIDはル・マン仕様とスプリント・パッケージという2種類の空力パッケージを準備しており、ル・マン仕様は、ル・マンでの高速走行用にされたもので、スプリント・パッケージは、よりダウンフォースを発生をするパッケージになっている。

gigamen_TOYOTA_TS040_HYBRID01

昨年はダブルタイトルを奪取したトヨタ。でもル・マンは・・・

スピードだけでなくエネルギー効率が重要な要素になった2014年のWECで、TS040 HYBRIDは8戦中5勝という記録を達成し、日本の自動車メーカーとして初の世界耐久選手権を制した企業になった。

同時にトヨタ車を駆ったアンソニー・デビッドソンとセバスチャン・ブエミがドライバーズ選手権タイトルを獲得している。しかし、伝統の「ル・マン24時間レース」の優勝は逃している。

gigamen_TOYOTA_TS040_HYBRID02

今年こそル・マン!

2015年シーズンのトヨタ・レーシングはマニュファクチャラー/ドライバーの“ダブルタイトル”を狙うとともに、ル・マン24時間レースを制覇するために、全力で戦うとしている。開幕戦は4月12日のシルバーストーン6時間レースとなります。

動画を見る

参照元:TOYOTA

この記事をシェア
0 0
記事のタグ