登山やキャンプで使える簡易風力モバイル充電器が登場

3585
gm-image-template
未定 詳細なし

登山やキャンプに行く時の準備は、ある意味ザックの重量とのせめぎ合いだ。だが期間が長くなるとどうしたって軽量にとはいかなくなる。そして今やGPSと並んで必須アイテムのモバイル機器にはどうしたって充電器がいる。

コンパクト、軽さ、モバイルを満たしたミニ風力発電機

重さ約450gで昼夜問わずにパワーの供給をしてくれるのがFolding Micro-Turbine for Mobile Wind Energy(折りたたみ式簡易風力充電器)だ。なるほどソーラーパワーばかりに目がいっていたが、確かに山は風が強い場所が多い。しかも移動することの多い昼間には定点で充電するという悠長なことは難しいともいえる。

スイスのデザイナーがつくったこのFolding Micro-Turbine for Mobile Wind Energyは、布でできた凧のような形をしている。風を受けて回転することで電気を生み出すようになっている。ここで気になるのが重さ。基本的には中心となるポール部分で、登山用のトレッキングポール程度ということだ。もちろんすぐにポキっと折れないように、堅牢で強い風をしっかりと受け止めるようになっているのは言うまでもない。

ポールの中央に蓄電された電気はコネクターをさすだけでモバイル、ライト、カメラなどにアウトプットされる。ハイクに必要なアイテムに電源が必要とされることが多い以上、安定の供給に欠かせないのではないだろうか。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ