世界最高峰のクロスバイクで風になれ!

2629

世界最高峰の自転車レース「ツールド・フランス」。そのツールド・フランスで王者の証「マイヨジョンヌ」を常に身にまとい1998年から2005年にかけて前人未到の7連覇を達成したのが「ランス・アームスロング」だ。今後7連覇と言う記録はもう出ないだろうと言われるほど、この成績は素晴らしいものがある。しかも彼は、1996年に癌を患い生命の危険も経験している。まさに鉄人であり、不死鳥なのだ。

そんなアームストロングが乗っていたクロスバイクが「トレック」社のバイクだ。トレック社のバイクは乗り心地と機能性に優れクロスバイクのロールスロイスの異名を取るほどだ。コナ・トライアスロン世界大会ではコース新記録を叩き出している。

そのトレックの最新モデルが「トレック・マドン7.9 (Trek Madone 7.9)」だ。軍事産業レベルのカーボンファイバーを使用し、カーボンファイバーに精通した技術者達が一台一台ハンドメイドで作り上げた、究極のクロスバイクである。

ランス・アームストロングは残念ながらドーピング疑惑が持ち上がり、自転車レース界から永久追放処分を受けてしまった。しかし、彼の風のような力強い走りと偉業を忘れようとするものは居ないだろう。トレック・マドン7.9 (Trek Madone 7.9)に乗って、アームストロングのことを考えるのも悪くない。彼の思いがつまったバイクで、風になるのだ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ