スマホのミスタイプを防ぐために開発された謎のデバイス

1290

お前が言うなと言われそうですが、ミスタイプには気をつけなければなりません。日本語は、一字間違えただけで全く違う意味になってしまいます。例えば「今日夜飲みに行かない?」と誘われて、「良いよ」と返そうとしたのに「いいよ」と返してしまい、相手が否定形の「いいよ」と取ってしまうケースがあります。変えると帰るや、内蔵と内臓・・などとにかく日本語はややこしいのです。でも、それが日本の文化だと私は思います。

特にスマートフォンはタイピングがしづらく、ミスタイプも多くなりますよね。全部ひらがなだと、脅迫状みたいだし・・・。そんな悩みを一気に解消するスマートフォン専用キーボードがこの「TREWGrip」です。何やらトレーニング器具のような形ですが、キーボードです。真ん中にスマートフォンをセットし、両側のキーをタイピングします。イメージ的にはテプラのような感じでしょうか。

TREWGripは裏も表もキーボードで、キーは入力すると光るそう。ちょっと物々しい感じもしますが、言葉を大事にしたい方ならこれくらいは我慢できるはずです。重りをつければ、トレーニングデバイスにもなりますし。それでは実際に使用している動画を見ていただきましょう。アコーディオン弾いてるかのようですね。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ