京都-大阪間を1時間?電気自転車で疾走する

3402

単純計算すると東京-千葉、京都-大阪を1時間で結ぶことになる自転車の発売は秒読み段階か。スペシャライズド(Specialized)の「ターボ(Turbo)」は最高時速45kmの電気自転車だ。その性能はターボ(Turbo)と呼ばれるにふさわしいが、テクノロジーを結集させたアイテムはそれだけではない。

軽量化に成功したボディは都会を疾走するイメージ。新型の電気自転車の各所に工夫がなされている。しなやかさと力強さを感じるフレーム。目立たないように工夫されているバッテリー。スピードを支えるのは滑りにくいタイプのタイヤ。すっきりまとめられているケーブル。電気自転車ということで充電が気になるところだが、たった2時間で完了するのは驚きだ。

自転車の人気が高まっている現代。より速く移動できるターボ(Turbo)は非常に魅力的だ。販売価格や日本発売の続報を待ちたい。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ