戦国最強の大名 上杉謙信の歴史を知ろう!

918

戦国時代の武将で最も強かったと言われる男をご存知だろうか。軍神と呼ばれた上杉謙信、その人である。上杉謙信の戦に対するセンス、駆け引きの的確さに勝る戦国武将は存在していないと言われる。

最大のライバルであり、戦国最強の騎馬隊を持つと称された武田信玄でさえ、上杉謙信を打ち破る事は出来なかった。その強さは圧倒的で、他の大名たちは上杉軍と直接交戦することを避け、籠城戦に持ち込んでいたと言われている。

武田信玄の死後、織田信長に対抗出来た唯一の男上杉謙信

武田信玄の死後、織田信長に対抗できるのは上杉謙信しか居ないと言われた。信長包囲網の大将として、信長を討伐すると思われたが、突然病に倒れ、帰らぬ人となってしまう。

織田信長は目前に迫った武田信玄の急死、そして上杉謙信の急死と非常に運に恵まれていた。もし2人のどちらかが織田信長と交戦していたら、歴史は大きく変わっていただろう。

上杉謙信―信長も畏怖した戦国最強の義将」は、上杉謙信の生涯を独自の視点振り返った一作である。義に生きたとされる謙信に野心はなかったのか。そして、なぜ死後にあのような乱が起きてしまったのか。

様々な角度から実像に迫る本、それが上杉謙信―信長も畏怖した戦国最強の義将である。

 

記事元:GIGAMEN
参照元:上杉謙信―信長も畏怖した戦国最強の義将

この記事をシェア
0 0
記事のタグ