マウスの常識を覆せ!

1742

押すのではなく、浮かせるのだ。マウスの常識を覆す『Up Mouse』は、従来のように指の腹で押してクリックせずともよくなる。特殊な装置を搭載したマウスは、逆に指を浮かせることで――指先の外側でクリックできる。

Up Mouseが生まれたストーリーはこうだ。開発者のDaniel Benamyはキーボードやマウスの打ち過ぎなどで起こる反復運動過多損傷(RSI)を抱えている。実際に作業のやり過ぎでそうなったそうだ。彼は痛みを感じないマウスを探したが、そんなものはなかなか見つかるわけもない。そんな彼が思い付いたのは、指(や手)に負担がかからない仕組みだった。

通常のマウスは屈筋という筋肉を使ってクリックするのだが、Up Mouseは伸筋を用いる。前者は動きをコントロールする筋肉だ。一方、後者は姿勢をコントロールするものなので、その筋肉を動かすことで痛みを和らげることができる。Benamyは「自分にとって最高のマウスだ」と語っている。もし製品化が実現したら、手や手首の痛みを抱えている人には朗報だろう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ