キーワードは「バイラテラル」 レーザーで楽に距離をはかれる『VH-80』

949
134ドル(約1万5000円)詳細ページ

巻き尺より簡単に、そして正確に距離をはかれるのが、レーザー距離計。韓国の新興企業「マグパイ・テック(Magpie Tech)」は測定にかかる手間を減らし、利便性を高めた、世界初のバイラテラル・レーザー距離計『VH-80』を開発しました。

測定したい直線の端に移動しなくて済む。

「バイラテラル(Bilateral)」は日本語に訳すと「両側の、左右の」という意味。レーザー距離計は発射したレーザー光線で距離をはかれる機器。バイラテラル・レーザー距離計の『VH-80』は赤い可視光線を左右両方向に発射して距離を測定するので、測定したい直線の端にわざわざ移動しなくて済むのです。

さらに、バイラテラル・レーザー距離計は機器と可視光線の左端(A地点)、機器と可視光線の右端(B地点)間の距離をはかれるので、A地点とB地点の中間を特定できます。これが「バイラテラル」の強みです。その強みを生かせば、平面の中心に、あるいは同じ間隔で物を置くことも可能になります。

ボタンを1回押すだけで最大80メートル測定可。

『VH-80』はボタンを1回押すだけで、レーザー距離計と可視光線の左端(A地点)、距離計と可視光線の右端(B地点)間の距離、それらの合計が画面に表示されます。最大測定距離は80メートル。面積や容積などの測定も可能です。サイズは18×40×72ミリとコンパクト。

安全に測定できるレーザー距離計ですが、気になるのは機器から発射されるレーザー光線の危険度です。『VH-80』は、使用するパワーが比較的弱いので、可視光線の発射口を凝視しなければ問題ありません。

 

参照元:kickstarter

この記事をシェア
0 0
記事のタグ