コンセント不要のWi-Fi対応監視カメラ、多額の資金援助を得る

658
00_pladpmxgpkkaevejwlxw
80ドル(約8700円)詳細ページ

電源ケーブルがない、Wi-Fi対応監視カメラが多額の資金援助を得ました。100%ワイヤフリーのセキュリティカメラ『レオリンク・アーガス(Reolink Argus)』は4月13日までにクラウドファンディングサイトで40万ドル(約4400万円)以上の資金を調達しました。

香港のレオリンク社が開発した『レオリンク・アーガス』は、リチウム電池4個さえあれば、どこにでも設置することができます。しかも、カメラ本体をマグネットベースが支えているので、カメラの向きを自由自在に変えられます。サイズは113×65×54ミリと持ち運ぶのに便利な大きさ。

カメラの前に現れた人とスマホで話せる。

『レオリンク・アーガス』はWi-Fiに対応しているので、リアルタイムの映像(画質はフルHD)をスマートフォンで確認したり、センサーが動きを検知した時にメールなどで知らせたりすることができます。また、スピーカーとマイクが内蔵されているので、カメラの前に現れた人とスマホで話すことも可能です。

コンセントの場所を気にせずに設置できる『レオリンク・アーガス』の使い方は、家族(子供、高齢者、ペット)を見守る、自宅の周りや部屋の中を監視する、室内でのホームパーティーや庭でのバーベキューの様子を録画するなど様々。カメラの前で動きがない時はスタンバイモードになるので、電池の消耗を最小限に抑えられます。

参照元:indiegogo

この記事をシェア
0 0
記事のタグ