万能ビタミンであるビタミンD!!十分に摂取できていますか?

2153
未定 詳細なし

ビタミンDの摂取の重要性は皆さんもご存知だと思います。ビタミンDはホルモンに匹敵するほどの重要な役割を持っており、万能ビタミンと呼ぶ人もいるほどです。ここではビタミンDをどれくらい摂取すればよいのか、そして効率よい摂取方法を紹介したいと思います。

ビタミンDの目安摂取量とは

ビタミンDは体が生産することができないので、食品からの摂取と生体内での合成の2つの方法で供給されています。ビタミンDが不足すると、カルシウムの吸収低下や骨代謝異常を引き起こしてしまいます。

ところが今、その大切なビタミンDが不足している人が増えているようです。摂取量の上限値は200IUで、最低60IUは摂取することが勧められています。

gigamen_VitaminD_Health_Benefit01

ビタミンDの効率よい摂取方法

ビタミンDの補給には主に二つの方法があります。一つは、日光をたっぷり浴びる方法、もう一つは食事からとる方法です。太陽光に含まれる紫外線、その中でもUV-Bと呼ばれる波長の光を皮膚が受けると、体内でコレステロールからビタミンDが合成されます。

夏なら半袖、短パンで週に3回、30分間ずつ日光浴すれば、ほぼ十分なビタミンDが作られると言われています。又、食事だと効率的にとれるのが魚です。

ビタミンDを含むプランクトンを食べることで魚の体内にビタミンDが蓄積し、それを人間が食べることで私たちの体内にもビタミンDが取り込めるのです。

gigamen_VitaminD_Health_Benefit02

最近では、ビタミンDには骨を丈夫にするだけでなく、うつの予防、がんの予防、カゼ・インフルエンザといった感染症の予防、ダイエットなど、さまざまな効用があることがわかってきました。適度な日光浴と、魚を積極的に毎日の食卓に取り入れることですね。

参照元:LA Daily News

この記事をシェア
0 0
記事のタグ