ボルボ、V60にもクロスオーバー車の「クロスカントリー」を導入

1030
未定 詳細なし

ボルボカーズは9月25日、日本市場に導入された新型V60ベースのクロスオーバー車「V60クロスカントリー」を発表しました。

ボルボカーズは、これまでV40やV90といったエステートワゴンに、にクロスカントリーモデルをラインナップしていますが、新型V60にもクロスカントリーを設定することで、クロスカントリーモデルのラインナップをさらに強化することになります。

新型「V60クロスカントリー」は、新世代プラットフォーム「SPA」を導入した新型V60をベースに、エクステリアでは、最低地上高を75mmアップ。前後バンパーアンダーガード、フェンダーエクステンション、サイドスカートなどを装備しています。

駆動方式は全車4WDで、パワートレインにはガソリンとディーゼル、そして「ドライブE」を搭載します。また、ヒルディセントコントロール、コーナートラクションコントロール、などを採用し、オフロード性能も高めています。

さらに、マイルドハイブリッドとプラグインハイブリッド(PHV)も設定予定となっており、電動化とSUVというボルボの戦略が勢いを増しそうです。

参照元:teknikensvarld

この記事をシェア
0 0
記事のタグ