カバンに入るクルマ 「WalkCar」ウォーカー登場!

28020

「YouTube」に映像がアップされているのは、日本のココア・モータースが制作し、販売を予定している世界最小(であろう)カバンに入るクルマ 「WalkCar(ウォーカー)」です。

驚異的な大きさと重量

クルマと言ってもこのWalkCarはいわゆる「セグウェイ」の仲間と言ってもいい、体重移動で方向を決める電動の移動体。最大の特徴はそのコンパクトさです。

A4ノートPCのような形状と大きさで、行きたい方向に体を向けるだけで、自由自在に移動ができます。(カーブ/アクセル/ブレーキ操作) 。小脇に抱えたり、かばんの中にいれて持ち運べる大きさと重量になっています。

gigamen_WalkCar01

侮れないその性能

体重移動により、走行する方向を決めるWalkCarのスピードは早歩き程度。しかし、緩い上り坂も問題なく走行し、荷物を積んだ台車を押したり、車いすを押す際にも利用するなど、「セグウェイ」とは異なる使用方法の提案がなされているのが興味深い点です。

荷役作業や介護の現場で利用できるというのは、単なる遊び道具の域を超えてブレイクする可能性を秘めています。

成功を期待しましょう

現在クラウドファンティングを活用し、2015年10月下旬の予約発売を目指しているそうです。公式サイトで謳うように、「歩く」か「WalkCar」か、選べる時代が来るのでしょうか。

このWalkCarを今は亡きスティーブ・ジョブス氏が「iPad」の代わりにプレゼンしていたら、世界中で大ブームが起きたでしょうネ。

動画を見る

参照元:ココアモータース(公式サイト)

この記事をシェア
0 0
記事のタグ