ウォーレン・バフェット氏が送る若者へのメッセージ(前編)

1218
未定 詳細なし

だいたい20代後半から30代前半にかけてお金の大切さを感じてくることは少なくないと思います。それでは遅く、世界で一番のお金持ちであるウォーレン・バフェット氏が若いうちにに気づいて欲しい10のメッセージをお知らせしたいと思います。

あなたは気づいていますか?

1.誰よりも早く自分への投資を始めよう。

周りの誰かに、早い段階から投資を始めろと言われたことはありませんか?それは全く見当違いなアドバイスです。そうやって若い時から投資を始めて消えて行った人がほとんどで、生き残っている人を探すほうが難しいです。ここで重要なのは他に投資するのではなく、自分に投資するのです。インターネットが普及した現代では、様々な情報が手に入ります。自分が望めばいくらでも手に入ります。なので、学ぶ意欲を常に持ち、学び続けることは非常に大事になってきます。

2.悪い癖は早い段階で直しておこう。

自分自身を見直してみましょう。必ず一つ以上悪い癖はあるものです。特に消費癖のある人は気をつけましょう。これは非常に危険で、これを治さなければ一生辛い人生を歩んでしまうかもしれません。早い段階から自己分析しておくことが重要です。

3.自分の目指すべき人を見つけよう

まずは自分がこうなりたいと思う人を探しましょう。そして、その人をモデルにして、色んなことを学ぶと良いです。しかし、全てを同じにすればいいという訳ではありません。なぜならあなたはその目指すべき人と全く同じではないからです。その人にはその人に合ったやり方もあるので、自分でアレンジしていくことも大事になってきます。

4.自分の強みを知る

バフェット氏は「全てを知っておく必要はないは、自分がどの範囲までわかっていて、どこからわからないのかを把握しておく必要があり、その範囲内にいることが重要である。」話しており、自分の強み、弱みを把握しておくことは非常に大事になります。

5.自分の好きなことをする

好きなことを仕事にしろとバフェット氏は語ります。これは、やはり好きなことをする人とそうでない人を見てきたバフェット氏ならではの意見だと思います。簡単ではありませんが、目指すことは非常に重要です。その過程でまた新しい自分を発見することも珍しくありません。

以下「ウォーレン・バフェット氏が送る若者へのメッセージ(後編)」に続きます。

参照元:Lifehack

この記事をシェア
0 0
記事のタグ