すぐに辞めるべきお金を浪費する悪い癖

1938
未定 詳細なし

なかなかお金が貯まらないな~なんて思ってるあなた。実はお金に対する悪い癖がついてしまっているかもしれませんよ。簡単なようで意外とやってしまっている5つのポイントを調査してみました。

お金は生きていく上で絶対に必要です。

1. 衝動買いをする。
これは悪い癖の象徴ですよね。パッと見て惚れたから、セール期間が終わってしまうからなど色んな理由をつけて買ってしまうという衝動買い。しっかりと本当に必要なのか見極めてから買いましょう。

gigamen_Bad_Money_Habits01

2. 予算を組まない。
予算を組まないということはお金がどういうふうに流れているかの把握がしづらくなります。月末に口座を見たらお金がなかった。なんて経験はありませんか?

予算を組むことによって、今いくらあって、このお金は何のために支払うのかということが明確になります。特に大きな買い物だけでなく、小さい買い物の時も行いましょう。

3. クレジットカードに頼る。
毎月支払いができているならば問題はありませんが、これが残高を払えないで溜まってしまうと大変です。なぜならこの支払えなかった分には利子がつき、本来払わなくても良かったものを払わなくてはいけなくなるからです。

gigamen_Bad_Money_Habits02

4. コンビニを頼る。
確かにコンビニは24時間で、今では手に入らないものはないと言えるくらいものも充実してきました。急に必要になったり、スーパーまでいく時間がない人には有効ですが、時間があるのにわざわざコンビニに行くのはどうでしょうか。

スーパーなら割引してある商品もあるし、自分で調理すればさらに安くてすみます。生活習慣を見直すことも重要な要素の一つだと思います。

5. すぐに欲に負ける。
アルコール、ギャンブル、タバコ。アルコールはたまには良いとしてもギャンブルやタバコは百害あって一利なし。これだけではありません。外食が多かったり、買い物中毒になったり、欲に負けてはいいことはありません。

gigamen_Bad_Money_Habits03

以上5つがすぐに辞めるべきお金を浪費する悪い癖でした。ドキっとした方も少なくなかったのではないでしょうか?この癖を治せば、お金が貯まるだけでなく、きっと人生もよくなりますよ!

筆者も4番の誘惑によく負けてしまうので、これからはなるべくスーパー等を利用していきたいと思います!

参照元:about.com

この記事をシェア
0 0
記事のタグ