「超」電動アシスト自転車登場!その名はTrefecta DRT!

3154

スーパーカーにプレミアムバイク、近年世界景気の回復もあってか超高品質なプレミアムモデルが様々な分野で高い売上を叩きだしている。そしてどうやら電動アシスト自転車の世界にも、決定版とも言える超ハイスペックなマシンが登場しそうなのだ。

gigamen_Trefecta_DRT01

Trefecta DRT電子バイク爆誕!

Trefecta DRT」の特徴はなんといってもその見た目だ。無骨でミリタリーチックなデザインはスマートさと剛健さを併せ持つ大人テイスト。ママチャリの延長線上のデザインしかない他の電動アシスト自転車と比べて圧倒的な存在感を示している。

しかし、バッテリーや駆動部を覆っているフレームは軽量なアルミ製。実は重さは全く感じないのだ。

Trefecta DRTでは特に低速時のアシスト強化が図られており、自転車を漕ぐのに必要な労力の90%が軽減されるのだ。

また、ハンドル部には液晶モニターが配置されており、ギアコントロールなど様々設定や、ナビゲーションシステムを利用することができる。もちろんバッテリーの残量も一目瞭然なのだ。

肝心の航続距離だが、トップスピード時速70キロ、巡航速度55キロの場合100キロメートルまでOKというから心強い。

gigamen_Trefecta_DRT02

高いのは性能だけじゃないぞ

Trefecta DRTは文句なしに電動アシスト自転車として抜群の性能を誇っている。だが、驚くのはそれだけではない。なんと値段もとんでもないのだ。DRTは一台日本円で約300万円。バイクどころか車だって余裕で買えちゃうお値段だ。

たしかに税金や車検もいらないお手軽電動アシスト自転車だが、それだけの価値を見いだせるかどうかはあなたのライフスタイル次第と言えよう。

参照元:GearHungry

この記事をシェア
0 0
記事のタグ