これこそが究極の贅沢?ドバイに水中ホテル建設の予定

4774

アラブ首長国連邦のドバイは大型施設の建設ラッシュに沸いている。巨大ショッピングモールや人工島以上に、世界中の関心を引きそうなのが、豪華な水中ホテルだ。まだ着工に取り掛かっていない段階だが、「ウォーター・ディスカス(Water Discus)」が完成すれば、海の中での宿泊が現実味を帯びてくる。

あらゆることを可能にする最新の科学技術を駆使し、安全基準も最高レベルのウォーター・ディスカス(Water Discus)。水中と空中の2枚の円盤型の施設は、中央に巨大な柱があり、その周りも3本の柱で支えられている。海面の上に浮かぶようにも見える円盤は、レストラン、スパ、プールなどを収容し、最上部にはヘリポートを備えている。中も外もどこか神秘的なつくりだが、やはり圧巻は水中ホテルの一室からの眺め。カラフルで美しい海底の中はシアターではなく、現実の風景だ。

ちなみに予想図面ではドバイの海に水中ホテルが連結する形でいくつもオープンしている。マリンスポーツも楽しむことができる一連の施設には、船で乗り付けることも可能で、シンガポールを思わせる高層ビル群と相まって、ドバイは未来都市の様相を呈している。もしウォーター・ディスカス(Water Discus)が実際に完成したら、究極の贅沢の一つを味わえるかもしれない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ