アレクサに対応!スピーカーと一体になった電動歯ブラシが登場

1465
約1万9000円詳細ページ

朝出かける前にテンションを上げたい人、夜寝る前に心を落ち着かせたい人は関心を寄せずにはいられないでしょう。カナダ発、電動歯ブラシとBluetoothスピーカーを組み合わせた『W-1』の先行販売プロジェクトが今冬、クラウドファンディング(CF)サイト「Kickstarter」で成立しました。

歯磨き中に音楽を聴くことには利点がある

『W-1』を生み出したWaveeグループによると、歯磨き中に音楽を聴くことには利点があります。朝の洗面所で自分に合ったプレイリストを流せば、仕事や勉強に向けて気分を高められます。また、寝る前の歯磨き中に穏やかな音楽を流せば、心が落ち着いてスムーズに入眠できます。

洗面所に『W-1』があれば、スマホをいちいち持ち込まなくて済みます。スピーカーはAmazonが開発したAI音声アシスタント「Alexa」に対応しており、「アレクサ」と話しかけるだけで、音楽・ポッドキャスト・オーディオブックの再生、スケジュールの読み上げなどが可能。豊かで美しい音を流すスピーカーの充電時間は3時間、再生時間は8時間です。

歯磨き開始から2分で振動が停止する理由

『W-1』の電動歯ブラシの機能もざっくり見ていきます。ブラッシングモードはスタンダード、ホワイト、センシティブの3種類から選べます。ブラッシング開始から2分経過すると振動が停止しますが、これは歯磨きにかけるべき時間が2分とされているからです。歯ブラシは充電時間12時間で3週間以上使えます。

電動歯ブラシ、スピーカーと一体になった充電ドックからなる『W-1』の先行販売プロジェクトは3万6000カナダドル(約300万円)を集めました。2月中旬時点ではCFサイト「Indiegogo」から注文できます。支援者への発送はまもなく開始される予定ですが、予定通りの発送と問い合わせ窓口の充実を期待したいところです。

参照元;INDIEGOGO

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ