今日は「花火の日」!世界の花火大会11選!

2874
未定 詳細なし

今日5月28日は、1733年東京の《両国川開き》での花火を記念した日。日本の花火大会の先駆けとなった《隅田川花火大会》のルーツにもなっているとか。

さて、そんな花火も過去をたどればイギリスやポルトガル、中国から伝わったと諸説は尽きないようですが、世界中で昔からみんな花火が好きだったみたいです。今日はそんな世界の花火を紹介したいと思います!

そうだ!花火を見に旅に出よう!

1. ブルジュ・ハリファ(ドバイ)

828m世界一の高さを誇る同ビル。オープニングセレモニーで打ち上げられた花火の数々に、世界が魅了されました。この花火大会、今も大晦日に見ることができるそうです!

gigamen_World_Fireworks_Displays01

2. シドニー(オーストラリア)

シドニーといえば毎年たくさんの観光客が新年を迎える場所として有名。オペラハウスの上空に打ち上げられた花火に、数百万人の観光客が感動のあまり声を失う!

gigamen_World_Fireworks_Displays02

3. モントリオール(カナダ)

世界最大級の花火競技会と言われるカナダ・モントリオール国際花火競技会。約2ヶ月間、世界各国から集まった花火師達が、毎週30分間の力作を披露!

gigamen_World_Fireworks_Displays03

4. サンダー(アメリカ・ケンタッキー州)

全米最大級と呼ばれる花火大会。毎年5月上旬に行われ、数十万人の観光客で大賑わいだとか。同サイトによれば、28分間60t以上の大迫力の花火が夜空へ!

gigamen_World_Fireworks_Displays04

5. パーム・ジュメイラ・ザ・ワールド(ドバイ)

現在、世界最大とよばれる花火大会。世界最大の人工島で行われ、1秒間に1000発、計479,000発がなんと6分間で打ち上がる。ヘリコプターで是非その絶景を体験したい!

gigamen_World_Fireworks_Displays05

6. ポハン(韓国)

世界に類を見ない祭りと呼ばれ、毎年数日間の開催。花火だけでなく、マリンスポーツや韓国伝統の舞踊・歌謡にあふれ、砂の城造りのコンテストも楽しめる!今年は8月開催!

gigamen_World_Fireworks_Displays06

7. ロンドン(イギリス)

世界初、匂いや味がする花火を打ち上げた花火大会。いちごやバナナの香りがふわっとするんだとか。大晦日、有名なロンドンアイやビックベンから色彩豊かな花火があがる!

gigamen_World_Fireworks_Displays07

8. 台北101(台湾)

ブルジュ・ハリファにビルの高さでは劣るが、引けを取らない盛大な花火が毎年正月に打ちあがる。色彩豊かな迫力ある花火が、一斉に夜空へ舞い上がる!

gigamen_World_Fireworks_Displays08

9. 北京オリンピック(中国)

2008年北京オリンピックで打ち上げられた花火は、今なお世界最大級の花火大会として名を残す。中でも、《巨人の足跡》は世界を魅了した!

gigamen_World_Fireworks_Displays09

10. 片貝まつり花火大会(新潟)

ギネスにも認定された世界一大きな打ち上げ花火《四尺玉》が名物。なんと直径120cm、重さが420kgの尺玉。800mの大輪が夜空に広がる姿は圧巻!

gigamen_World_Fireworks_Displays10

11. パリ(フランス)

他の花火大会と比べると規模も小さく迫力にかけるかもしれないが、エッフェル塔を彩る花火は必見。伝統あるパリの街を一層美しく映えさせるこの日は見物!

gigamen_World_Fireworks_Displays11

以上、世界の花火大会11選でした!

その一瞬に凝縮された時間だからこそ、だれもが「あの花火は忘れられない」という思い出があるのかと思います。

【こだわってこだわってこだわり続けて、なお、結果が出るまで。技術という、原石みたいなものだと思うのですけども、それを磨き続ける人(がプロフェッショナル)。】

とは、大会連覇の偉業を成し遂げた花火師・野村陽一さんの言葉。

花火師たちの裏側へ目を向けると、花火の見え方もかわってくるのかもしれませんね。

参照元:BRAINJET

この記事をシェア
0 0
記事のタグ