千葉県市原市に登場した世界最大のトイレが凄い!

2186
未定 詳細なし

千葉県市原市にある小湊鉄道飯給駅。単線の長閑な飯給駅が、今全世界で話題となっています。話題となっている理由は、どこにでもある駅のトイレです。

小湊鉄道飯給駅のトイレは広さ200平方メートルの「世界最大のトイレ」なのです。このトイレを設計したのは国際設計競技で最優秀賞を受賞し、「台湾タワー」を設計した事でも知られる建築家・藤本壮介さんで、市原市が1000万円を補助して建築されました。画像を見ればわかる通り、鉄骨平屋建てで、四面ガラス張りの個室となっており、廻りには梅、桃、花壇などが並び景色を楽しみながら用を足す事が出来ます。

前面ガラス張りでは用を足す所も見られてしまうのでは・・と思いますが周囲54メートルに2メートルの壁を張り巡らせた上にカーテンがありますので安心してください。さらには多目的トイレも併設されています。トイレに「多目的」とはこれいかに・・・と言う感じですが文字通り多目的にトイレを使えるようです。ちなみにこのトイレは女性専用とのことです。

2012年3月に登場した世界最大のトイレは世界で話題となっています。「あんなにデカイトイレを作ってどうするんだ!?」と言う意見もあれば、「一度行って見たい!」と言う意見もあるようです。

女性専用と言う事で男性は残念ながら入れないとの事ですが、広々としたトイレは一度は体験してみたいもの。私は自信を持って水洗ならぬ推薦したいと思います。「聞いてた話と違う!」と言う場合は怒りを水に流してください。

 

 

 

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ