2017年のWRCカーはワイドトレッドと巨大なウイングを装備する

2974
未定 詳細なし

2017年から適用されるWRC(世界ラリー選手権)カーの基本規則が、7月10日にメキシコシティでのFIA世界モータースポーツ評議会の会議で承認されました。

それによると、エンジン出力の引き上げやリアウイングの大型化などにより、より速く、よりアグレッシブなマシンが登場することとなるらしい。Webマガジン「Car」からのニュースです。

ハイブリッド車の導入は見送り

まず、エンジン出力は現在の300馬力から380馬力まで引き上げられ、ターボリストリクターも34mmから36mmに拡大。ブースト圧は最大2.5バール。車両重量の制限が25kg削減され、電子コントロールセンターディファレンシャルが復活することなどが織り込まれている。

しかし、期待されていたハイブリッド車などの導入によるハイパワーなパワーユニットにする案は見送られており、現行の規定の修正案に留まっている。

見た目はカッコ良くなったようだ。

見て一番分かりやすいボディについては、車幅が現行規定から55mm拡大されるほか、フロントとリアのオーバーハングが拡大され、フロントバンパー側面やフロントホイールにエアロパーツの装着が可能となる。

これにより、迫力あるオーバーフェンダーと大型のリアウイングなどの装着が可能となり、マシンのダウンフォース量が増えてグリップレベルが上がることにより、より高いスピードでコーナーに飛び込むことができるという。

トヨタの活躍を期待しましょう

FIAのテクニカル・ディレクターを務めるバーナード・ニコットによると新たなレギュレーションには 3つの大きな目的があるという。「マシンをスペクタクルなものとする、コストを削減する、現在の安全性を維持すること。」と述べている。

またWRCチャンピオンのセバスチャン・オジェは 「グリップレベルが上がれば、より高いスピードでコーナーに飛び込むことができる。」 としている。

2017年にはトヨタがWRCに参戦することを発表していることもあり、日本でも注目されるのは間違いありません。

gigamen_WRC_cars_2017_01

参照元:Car Magazine

この記事をシェア
0 0
記事のタグ