首輪型スマート浮遊具に注目 水中で異変を検知したら膨張、顔を水面上へ

2408
159ユーロ(約2万1000円)~詳細ページ

首に巻いておけば溺死を防げるでしょう。スペイン発、水中で体の異変を検知すると、自動的に膨らみ、鼻と口を水面上へ導くスマート浮遊具「Wuanap」の先行販売プロジェクトが今冬、米クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で成立しました。

膨張は警告音が鳴った直後に対応すれば止まる

「Wuanap」は首筋に当たる部分にマザーボード(水中でさまざまな情報を収集できる各種センサー群と充電式のバッテリーからなる)を搭載しています。使い方は簡単で、ウォータースポーツを行う前、マザーボードとケーブルでつながっているディスプレイの電源ボタンを押し、首に巻くだけです。

首輪型スマート浮遊具が装着者の異変(頭部打撲による意識不明、パニック発作、てんかんによるけいれんなど)を検知すると、警告音が3~5秒鳴った後、膨らんで装着者の体を浮かせ、鼻と口を水面上へ導き、自力で呼吸できるようにしてくれます。膨張を止めたい時は、警告音が鳴ってすぐに顔を水面上に上げる、または電源ボタンを押す必要があります。

浮遊具は1回しか使えないので誤作動に注意

溺死を防げる「Wuanap」の先行販売プロジェクトは68人から1万8313ユーロ(約240万円)を集めました。スキューバダイビング以外のウォータースポーツを行う時に首に巻いておくと安心ですが、1回しか使えないので、電源ボタンと非常用の膨張ボタンを間違えないように、あるいは水中で大声を出さないようにしなければなりません。

<参考元>Indiegogo

この記事をシェア
0 0
記事のタグ