アメリカ沿岸警備隊のためにつくられた、超高速ボートの姿を公開

2005

これがアメリカ海軍や沿岸警備隊のために特別設計された、超高速ボートの姿だ。その名は「XSR Military Interceptor (ミリタリーインターセプタ)」。現在、海上での麻薬取り引きを取り締まったり、海賊船を追跡したりするのに使われているのはスピードボートだが、このXSR Military Interceptorは、それを遥かに超える性能を持つ。

海面に張りつくようなフラットボディが特徴的なXSR Military Interceptor。最高速度は時速157キロ。普通のモーターボートの最高速度が時速60キロ程度、高性能エンジンを積んでいても時速80キロ程度であることを考えると、時速157キロはとんでもなく凄い。海面を飛ぶように走り、48時間海上をパトロールし続けることができる。無給油で1852kmの距離を走り切ることができる(ちなみに、東京から九州・宮崎までは約1800km)。もちろん銃器も、1つではあるが50口径のものが標準装備されている。

残念ながら、というか、当然ながらというか、一般市民は買うことができない。もし君が大金持ちで、アメリカの政界にコネクションがあれば、銃器無しのものぐらいは譲ってもらえるかもね。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ