日本人の心は刀にあり!日本刀のような包丁の切れ味を味わえ

3166

日本人の男には侍の血が流れている・・・はずである。武士が誕生したのは、10世紀頃であることは間違いないが、正確にはわかっていないのが現状だ。一般的には源氏、平氏が武家の源流であると考えられているが、これにも諸説あるようだ。武士が台頭し、貴族による政治を打倒したのが平清盛であると考えらているが、これも鎌倉幕府を開いた源頼朝であるという説もある。いずれにせよ、生まれながらにして差別される貴族政治が終わり、力のあるものが権力を握る武家政権は平清盛から源頼朝、足利尊氏、豊臣秀吉、徳川家康と続いていった。武家政権を終わらせたのが、明治政府なのである。

武家政権の武器と言えば、日本刀である。戦国時代末期から鉄砲が重要な戦力になったものの、やはり日本刀抜きに武士を語ることはできない。平和な世の中でも、やはり日本刀を見ると気合が入るものなのだ。

料理も人間と食材の大勝負である。日本人なら、切れ味鋭いナイフを用意すべきだ。「旬空 アルティメットユーティリティナイフ (Shun Sora Ultimate Utility Knife)」は日本人の心「刀」のような切れ味を誇る爽快な包丁だ。千切りだろうが、みじん切りだろうがとにかくサクサクと斬ることができる。宮本武蔵の剣術のように・・・。

旬空 アルティメットユーティリティナイフで日本人の心を味わおう。二刀流でも良いぞ!

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ