オリジナルは物足りないので、北京にて進化させました。

1321

アトラスと呼ばれる中国発のカスタムメイド「ヤマハXVS400バンディット9アトラス (Yamaha XVS 400 Bandit9 Atlas)」の話題です。アトラスは、北京に拠点を置くカスタムバイクメーカー「バンディット9」によってチューニングされ、エンジンと、トランスミッションと拡張されたヤマハXVS400をもとに制作されています。フレームは完全にカスタムなフォークハンドルとブレーキブラケット、19インチのファイアストンタイヤを使用してカスタマイズされています。バイクの後部は超近代的に見えもするし、前半は古典的な印象でもあります。

カスタム革シートはまた、非常に小型で薄型なのが痛そうです。その大きな美しいエンジンはサテン/カスタム排気とサイドパネルを含むすべてのものと黒のマットで仕上げています。どんな小さなディテールが再びヴィンテージ風にアレンジした、非常にモダンな外観のカスタムブレーキライト、ヘッドライトとウインカーから構築されています。

Bandit9 AtlasのもととなるXVS400ドラッグスターは、スタイリッシュなロー&ロングボディと快適な走行性能の、クルーザーカテゴリーの人気モデルとなっているバイクです。男はマッチョでなければいけないと思わせるバイクですが、このBandit9 Atlasになると、さらに肉体改造しなきゃ似合いませんネ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ