飛行機から降りた直後にカンパイ! 米子鬼太郎空港屋上でビアガーデンがスタート

1814

飛行機利用の観光・出張で、目的地到着まで「カンパイ!」が我慢できない人。もしくは飛行機もお酒も好きな人に朗報です。

米子鬼太郎空港(鳥取県境港市)の『炉端かば 米子空港店』が、空港の屋上展望デッキで、ビアガーデンをオープンしています。時間は18時~21時30分。8月16日までの期間限定です。

ビアガーデンではバイキング形式の飲み放題・食べ放題(120分)が楽しめます。ドリンクは、ビールに加えて、チューハイ、ソフトドリンクなどを用意しているとのこと。

金額は男性3500円、女性3000円、中高生2000円、小学生1200円、小学生未満無料に設定。雨天・強風の場合は中止の可能性があります。

gigamen_Yonago_Beer_Garden01

ビアガーデンでは、鳥取県の「とっとり券」も使えます。

地元出身の漫画家、水木しげるさんの代表作「ゲゲゲの鬼太郎」が愛称に入っている米子鬼太郎空港には全日空(ANA)、スカイマーク、アシアナ航空の定期便が乗り入れています。

同空港で目にする可能性のある機材はANAのボーイング767-300、ボーイング737-800、スカイマークのB737-800など。タイミングが良ければ、離着陸の瞬間を写真に収められるかもしれません。

少し前、鳥取県はプレミアム商品券「とっとり券」の完売で話題になりました。米子鬼太郎空港内の土産品販売店や飲食店でも利用でき、空港屋上展望デッキでのビアガーデンも対象となっています(『炉端かば 米子空港店』で専用チケットを購入する際に利用可)。

「とっとり券」が手元にある人はぜひ利用してみてください。ただし、お釣りは出ないので、家族や友人と訪れることをお勧めします。

参照元:米子鬼太郎空港

この記事をシェア
0 0
記事のタグ