微妙な濃淡を忠実に描けるスタイラスペンは、これしかない

2306
~$25,000詳細ページ

タブレットPCをスケッチブック代わりにしようと思ったら、今売られているスタイラスペンじゃダメだ。文字を書くにはなんとかなるが、濃淡がつけられないので、本格的なスケッチはとてもできない。だが、この新しいスタイラスペン「YuFu」で、それが可能に。鉛筆デッサンの微妙なタッチや、筆を使ったのと同じ滑らかな濃淡が、タッチスクリーンに忠実に描けるのだ。

その秘密は、YuFuに仕込まれた高感度の圧力センサー。プロ仕様の上位機種「YuFu Pro」では、4048段階で圧力を感知するセンサーが採用されている。その結果、本物の鉛筆や筆で描いたのと変わらない濃淡の差が表現できるというわけ。また、軸の部分にはペンの傾きを感知するセンサーが入っている。どういうことかというと、ペンの傾きに応じて線の太さが変わる。本物の鉛筆や筆を斜めに倒して使うと、太い線が描けるよね。それと同じことがYuFuでもできるというわけ。

これまでは試作の段階だったが、今年の春から正式に出荷を開始するとのこと。現在、予約受付中らしい。Yufustylus.comを検索してみよう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ