五輪の競泳会場のデザインを手がけた建築家、水上に芸術作品を

1012
約3600万円詳細ページ

ロンドンオリンピック・競泳の会場となったのが、新築のアクアティクス・センター。入江陵介、松田丈志、鈴木聡美ら日本競泳陣がメダルを量産した舞台だ。あの建物の設計を手がけたのはザハ・ハディッド。ロンドンを拠点に活動する女性建築家は世界的にも著名な人物だ。その彼女がアクアティクス・センターのように、“水”に浮かぶ芸術作品――『Z-Boat』を完成させた。

Z-Boat』は全長7.5mのスピードボートだ。グラスファイバーとカーボンファイバーでつくられており、未来を感じさせるデザインになっている。なんともお洒落にみえるボートは8人乗り。向かい合って座れるようになっている。価格は$459,787、日本円にして3600万。所有してみたいと思う人は少なくないだろうが、15艇のみの生産となる予定なので、お早めに。

参照元:ART SY

この記事をシェア
0 0
記事のタグ