イタルデザイン、ゼロウーノのロードスターバージョン発表

676

これらは、3月6日にジュネーブモーターショーで発表される、新しい「Zerouno」の最初の2枚の写真です。車のその他の詳細は、3月6日に公開されます。同じ情報がウェブサイトに掲載されます。

イタルデザインは今回、ジュネーブモーターショー2018において、イタルデザインの50周年を記念して、「ゼロウーノ」のロードスターを初公開すると発表し、ティザーイメージを点公開しています。詳細はまだ公表されていませんが、2017年に発表された「ゼロウーノ」のロードスターバージョンであることは間違いないでしょう。

2017年にされた「ゼロウーノ」は、世界のコレクターに向けて市販車を非常に少量のみ生産する、新たに立ち上げられた「イタルデザイン・アウトモービリ・スペチアーレ」ブランドの第一号車でした。そのためクーぺバージョンの「ゼロウーノ」は、わずか5台を生産することになりました。

「ゼロウーノ」のボディはカーボンファイバー製で、ミッドシップに搭載されるエンジンは、「ランボルギーニ・ウラカン」に搭載される5.2LのV型10気筒ガソリンエンジン。そのパフォーマンスは0~100km/hを3.2秒、最高速330km/h以上とされた。

www.italdesign.it/zerouno-2018-pictures-released/

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ