かなり大人な次世代型ヘッドホン

1522
¥39,900詳細ページ

通勤電車の中で、歩きながら、騒々しい家の中で、イヤフォンやヘッドフォンで自分のお気に入りの音楽を聴いている人は少なくないだろう。耳にじかにつけるものなので付け心地など人によって様々な好みがあるものの一つにも挙げられる。そんな、ミュージックギークの要求に応えるがごとく、音質やデザイン性だけでなく最新のテクノロジーを駆使したヘッドフォンが続々と市場に現れている。

Parrto社の『Zik』はシンプルながらもフィリップ・スタルクデザインの高級感漂うハイテクノロジー製品だ。

まず、ZikはBluetooth搭載なので煩わしいケーブルが必要ない。しかもヘッドフォン自体には電源スイッチしかなく、右のイヤーカップをタッチするだけでボリュームや次の曲をスキップする操作ができる。また、イヤーパッドにセンサーがあり、耳から外すと自動的に一時停止し、装着すると再生する。NC(ノイズキャンセラ)にも優れており、雑音を25dBまで抑えられるのだ。

その他のサウンドエフェクトなどの詳細は専用アプリを使うことで簡単に設定できるので、Bluetooth2.1以上に対応しているiPhoneやiPad、iPhone製品と、アンドロイドタブレットやスマホで調整ができる。

ここまでこだわるにはそれなりの価格は覚悟しなければならないが、音楽好きの人には魅力的な商品お気に入りの曲もZikのような質も見た目もクールなヘッドフォンで聞けば更に快適に楽しくなるのは間違いないだろう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ