【動画】「ゾンビ222」はEVパワーで蘇ったマスタングだった。

2167

米国の”Bloodshed Motors”直訳すれば”流血モータース”というとんでもない名称の会社が作り上げたクルマの名前が、「Zombie(ゾンビ)222」。その動画が公開されているのでご覧頂きたい。

しかし出来れば音声をOFFにしていただくといいと思います。「ゾンビ」の名に相応しいなかなか迫力あるスタートシーンですから(ほんの数mですが)。音声をONにすると、まるで壊れた洗濯機のようで・・・。

gigamen_Zombie222

ゾンビの心臓は?

このグリーンのストライプが誇らしいZombie(ゾンビ)222は、アメリカン・マッスルカー1968年型の「フォード・マスタング」をベースにしている。そのボンネットの下には、V8エンジンに代わって2個のモーターが収まっている。

最高出力750PS、最大トルク249kgfmを発生するらしい。マッスルカーも環境性能を意識する時代になったのか、そもそもこれはマッスルカーとは呼ばないのか?

gigamen_Zombie222_01

 

下記の映像では「ボワイト・ゾンビ」なるダットサン1200(日産サニー)の姿も見られる。

 

動画を見る 

 

参照元:Zombie 222

この記事をシェア
0 0
記事のタグ