ホンダ、レッドブルへのF1パワーユニット供給に合意

4289
未定 詳細なし

ホンダはは、FIAフォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)において、レッドブル・グループと、レッドブル・レーシングに対する2019年シーズンから2年間のパワーユニット供給について合意したことを発表した。

これによりホンダは、2018年シーズンからパワーユニットを供給している、同じくレッドブル・グループ傘下のトロ・ロッソ、そして今回合意に達したレッドブル・レーシングの2チームに対して同一仕様のパワーユニットを同じ体制で供給し、2019年シーズンを戦うことになる。

ホンダのメリットとプレッシャーは大

ホンダとしては、2チームへパワーユニットを供給することで、より多くのデータ収集が可能となり、開発のスピードアップに繋げることができ、なによりもレッドブルという強力なパートナーを得られたことにより、勝利へ近づくことができる。このため、ホンダのメリットは大きく過去3シーズンをともにしたマクラーレンとのパートナーシップよりも強力とみられている。もちろん、より大きなプレッシャーも当然のしかかるだろう。

ルノーと決別したレッドブル

レッドブル・グループとしては、過去14年間を過ごし、チャンピオンシップをも獲得したルノーとたもとを分かつことになるが、2年前にルノーがワークスチームを立ち上げ、さらに今しーずんからマクラーレンがカスタマーに加わったことにより、オンリーワンの待遇は望めず、不満をつのらせてきた。レッドブルとしては、ホンダしか選択肢がなかったともいえる。

まだ、未知数のホンダエンジンを搭載する2019年からの2年間。レッドブルホンダとトロロッソホンダは、勝利をつかむことが出来るのだろうか。

参照元:Red Bull RACING,  Honda

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ