ロシアの仮想通貨情勢が変わる?楽天コイン2019年発行へ

2262
未定 詳細なし

日本のEコマースの大手業者である楽天が、2019年に「楽天コイン」という名前で独自仮想通貨をロシアで発行する画策があるよう。
完全子会社でメッセージアプリの「Viber」が発行を管轄。すでに専門家を通して、ロシアでの仮想通貨関連の法律の調査に踏み切っている。
現状、仮想通貨に厳しいと言われているロシアであるが、この授業が成功の暁には、ロシアにおける仮想通貨の風向きが変化する兆しになるかもしれない。

ロシアでの仮想通貨発行へ、「楽天コイン」

規制は多いが、時代の流れとして仮想通貨を自国に導入する国が増えてきた。
その中でロシアは仮想通貨に厳しい対応を撮り続けていた。

楽天コインがすぐに発行するのはまだ微妙とされていたが、来年の2019年には発行される予定だ。実現は叶うのだろうか。

この情報は楽天の子会社である「Viber」のダジャエル・アガウアCEOが公開した。
現状楽天では仮想通貨周りの法律を調査しているとのこと。

2018年4月に、ロシアはメッセンジャーアプリ「テレグラム」のIPアドレスをブロック

これはテレグラムの仮想通貨進出を妨げる目的があったと言われている。
そのロシアで「viber」が仮想通貨が発行は叶うのだろうか。

もっともviber自体がロシアでの利用者が4500万人(2018/6時点)と多く利用されているメッセンジャーアプリ。
ロシアでの仮想通貨事業を考えてのこと。案外簡単に実現することもあるかもしれない。

これにより仮想通貨が発行されるようになれば、仮想通貨事情が大きく変化していくことだろう。

参照元:COINTELEGRAPH

この記事をシェア
0 0
記事のタグ