2014年モータースポーツGIGAMEN的ベスト10ショット発表!【前篇】

2033
未定 詳細なし

Webマガジン「CAR」による、2014年のモータースポーツの瞬間をとらえた写真のベスト10が発表されました.それを踏まえて、あくまでGIGAMEN風のコメントでお楽しみください。

まずは10位から6位の発表です。

第10位 「マシンが勝てないのはオレの責任か?」

F1、フェラーリで2008年から代表を務めた「ステファノ・ドメニカリ」氏は成績不振を理由に辞任。まだ3戦しか終えていない時点でチームトップの交代劇。ま、不振の時のフェラーリの内紛はお馴染みだけど。

gigamen_2014_Top_motorsport_headlines

第9位 「僕にも乗れたよパパ!でもちょっと不安・・・」

弱冠17歳のオランダ人「マックス・フェルスタッペン」は、カートレースを卒業してわずか1年で、2015年にトロ・ロッソからF1デビューする契約を結んだ 。1997年9月生まれで、父親は元F-1ドライバーのトス・フェルスタッペン。

gigamen_2014_Top_motorsport_headlines01

第8位 「オレってなに乗っても速いんですけど、何か?」

WRC(世界ラリー選手権)9連覇、通算78勝を記録したフランス人ドライバー「セバスチャン・ローヴ」は、2014年からWTCC(世界ツーリングカー選手権)にシトロエンで参戦。マラケシュでの初Vに続くWTCC初ポールポジションを獲得した。

gigamen_2014_Top_motorsport_headlines02

第7位 「終わってみれば1‐2フィニッシュ!危なかったけど・・」

トヨタの活躍と、ポルシェワークスの参戦で注目された2014年の「ル・マン24時間レース」。結果はアウディの1、2フィニッシュに終わって、5連覇。その盤石さに、トヨタもポルシェもかなわなかった。

gigamen_2014_Top_motorsport_headlines03

第6位 「F-1を盛り上げるために体張ってます!」

メルセデスの圧倒的な強さに終わった2014年のF-1シーズン。唯一の見どころはメルセデスのチームメイト同士のハミルトンとロズベルグの争い。同じマシンで一度リードされると、抜き返すのは困難。

なので、接触も多く、場合によっては致命的なクラッシュも引き起こし、単調なシーズンを大いに盛り上げてくれた2人のドライバーに拍手。

gigamen_2014_Top_motorsport_headlines04

引き続き5位から1位の発表もご覧ください。

参照元:CAR

この記事をシェア
0 0
記事のタグ